クレッセント川崎タワー 1|モリモトに暮らす
新築マンション・分譲マンション
デザイナーズマンションのモリモト

F様 |クレッセント川崎タワー(川崎市幸区)

ガラスファサードの美しさに魅かれて入居。高層レジデンスで充実した毎日を過ごす。

ご家族:ご夫妻
ご入居:2009年4月

免震構造も購入の大きなポイント。東日本大震災でも問題ありませんでした。

川崎駅のランドマークとして存在感を放っているクレッセント川崎タワー。JR川崎駅から徒歩3分、ラゾーナ川崎など大型商業施設が建ち並ぶ中で、生活の利便性にも優れたこのクレッセント川崎タワーに住まわれて5年目のF様のお宅をお訪ねしました。

川崎という立地を選ばれたのは、奥様のご実家から近く、通勤にも便利だったことからでした。ご主人も奥様もお仕事をしていて、それぞれの勤務先が都内と横浜なのでどちらにもアクセスしやすい川崎近辺でお住まいを探していました。

クレッセント川崎タワーは、川崎周辺でいろんな物件を見てまわっているときに、偶然に見つけたそうです。

「外観のデザインに一目で惚れてしまいました。とくに全面のガラスファサードが美しくて気に入ったんです。クレッセントというブランドはもともと知っていましたし、ちょうどいい広さの部屋があったので購入を決めました」(ご主人)

「入居して5年たちましたが、とても快適な暮らしをしています」とF様ご夫妻。

購入に当たっては、免震構造で建てられているというのも大きなポイントでした。入居後に東日本大震災を経験されていますが、まったく問題なかったそうです。

なるべくものを増やさずに暮らすようにしているというF様ご夫妻。2009年4月のご入居から丸5年が経過していますが、お部屋のなかはすっきりと片づいています。

「掃除をするのもラクですし、ふたりで暮らすにはこのぐらいの広さで十分。ものが増えると部屋が雑多な雰囲気になってしまうので、ふたりともなるべくものを置かずシンプルに暮らしていきたいので、実際にそうした空間になっていると思いますね。子どもたちが孫を連れて遊びに来ても、リビングや和室でのびのびと遊んでいます」(奥様)

  • 白を基調にした明るいトーンでまとめられたお気入りのリビングと和室。それぞれの窓から広がる眺望が素晴らしい。

  • シンプルな部屋に合わせて家具を購入。ダイニングチェアのうち2脚だけは赤を選んでアクセントに。

  • 家事動線を確保したゆとりのあるキッチンスペース。工夫された収納の数々でスッキリ片付く。

  • 和室のコーナーにはパソコンが置かれ、ご主人の書斎スペースとして活用。

ホテルライクな共用設備の充実。長く暮らしてみて、その便利さがわかる。

F様のお宅は、白を基調にした明るいトーンでまとめられています。「明るい部屋がいい」という奥様からの希望でした。

「ほとんどの家具はこの部屋に合わせて購入しましたね。あまりにも白ばかりだと面白みがなくなってしまうので、ダイニングチェアのうち2脚はアクセントに赤を選んだんです」(奥様)

赤を差し色で入れることで、シンプルな空間がグッと引き締まりました。「これは正解だったね」とご主人も満足していらっしゃいます。

おふたりの趣味はゴルフ。週末は、友人たちとゴルフをしに行ったり、ふたりでゴルフの練習場に行ったり、川崎駅周辺を散歩したりして過ごしています。ご自宅にいるときは、ソファでゴルフ番組を見ていることも多いそうです。

「ラゾーナ川崎がすぐ目の前だし、近くには昔ながらの商店もあります。先端のショッピングモールと生活に密着した商店、どちらにもすぐにアクセスできるのはほんとうに便利です」(ご主人)

クレッセント川崎タワーは、ホテルのようにコンシェルジュ・デスクやカフェ、ゲストルームなど共用設備も充実しているのも大きな特徴。購入時にはとくに利用する機会はなかったそうですが、長く暮らしてみるととても便利なために頻繁に利用しているすです。

「打ち合わせなどで人と会うにしても、自宅に来てもらうのはちょっと面倒というときがありますよね。そういうときにカフェやスカイラウンジが使えるのはとっても便利。ゲストルームも、子どもたちや友人が遊びに来たときに気兼ねなく泊まってもらえて助かっています」(ご主人)

最近は先にゲストルームの予約をし、その日に友人を招いてホームパーティーを開く、という使い方もされているとか。

コンパクトに生活しながら、すでに独立したお子さんたちファミリーやお友だちとのひとときも存分に満喫されています。F様ご夫妻の笑顔から、クレッセント川崎タワーの共用施設も利用されながら、人とのつながりを大切しながら暮らしていらっしゃる様子が伝わってきました。

ご入居されて5年。おふたりにとってクレッセント川崎タワーのお住まいは大切な場所であり、これからも充実した毎日を過ごされていくことでしょう。

  • 窓からは川崎の街が見渡せる恵まれたロケーション。

  • 開放感のあるベランダ。目の前に高い建物がないので眺望が楽しめる。

  • 白い廊下の壁にはご夫婦の肖像画などが飾られている。

  • 友人などが来訪したときに利用する35階のスカイラウンジ。眺望はもちろんのことアーバンリゾートの雰囲気を感じる。

  • ホテルのようにコンシェルジュ・デスクやカフェなどの共用設備も充実。あまりの便利さにF様ご夫妻も頻繁に利用する。

クレッセント川崎タワー

  • 地上38階建ての超高層タワーマンション。シンプルなガラスファサードが美しい川崎駅前のランドマークとしての存在感を放つ。35階にはゲストルームとラウンジ、2階にはパーティールームやキッズスペースなどの多彩な共用施設が充実。1階のエントランスホールにはフロントがあり、暮らしをサポートするさまざまなサービスも提供している。2009年度グッドデザイン賞を受賞。

ページの先頭に戻る