アールブラン二子多摩川レジデンス|モリモトに暮らす
新築マンション・分譲マンション
デザイナーズマンションのモリモト

O様 |アールブラン二子多摩川レジデンス(川崎市高津区)

多摩川の自然を感じながら伸び伸びと子どもを育てることができ
この住まいを選んでよかったと思っています

ご家族:ご夫妻+お子さま
ご入居:2013年6月

居住者の方に子育て世代が多く
季節ごとのイベントもマンション全体で楽しんでいます

都市の利便性と豊かな自然を併せ持つ、アールブラン二子多摩川レジデンス。多摩川のほとりから徒歩5分、東急田園都市線二子新地駅から徒歩7分ほどの閑静な住宅街に位置しています。

ご夫妻と小さなお子さんの3人で暮らすO様ご一家も、立地と周辺環境のよさでお住まいを選ばれたそう。ご主人が江東区まで、奥様が相模原まで通勤なさっているため、田園都市線または東横線の沿線で物件を探していました。

「武蔵小杉、元住吉、二子玉川などでいろいろと物件を見て廻りましたが、二子新地の落ち着いた雰囲気が気に入りました。はじめて訪れたときも、小さなお子さんを連れた方が意外と多くて“暮らしやすい街なんだね”とふたりで話したのを憶えています」(ご主人)

もともと武蔵小杉にお住まいで、JR線と東横線の両方が使える便利さは体感していました。しかし、将来に向けての子育環境も大切な要素であることも感じていたと言います。

お子さまを遊ばせるため3LDKのプランを変更。ひと部屋減らすことで広くなったリビングダイニング。

「新居を購入して長く住むなら、利便性だけでなく周囲の環境もいっそう重要だと思うようになりました。多摩川の河川敷まで徒歩で行かれて、小さな公園もすぐ近くにある。物件を探していたときにはまだ夫婦ふたりの生活でしたが、いずれ子育てをすることも考えてこの物件に決めました」(ご主人)

入居してからお子さんが誕生。

居住者の方にも子育て世代が多く、季節ごとのイベントもマンション全体で楽しんでいます。七夕の時期には、吹き抜けの広々とした共用エントランスに大きな笹を飾りみんなで短冊を吊るしたそう。

「マンション内に子育て世代の交流がありますし、伸び伸びとこどもを育てられる。利便性だけでなく、総合的な環境で住まいを選んでほんとうによかったと思っています」と奥様。周辺の道路も道幅が広いわりに車の通行が少なく、お子さんを連れて歩くのも安心できる、と笑顔でおっしゃっていました。

  • 二部屋をつなげたリビングダイニングは、ワイドスパンで明るく開放的な空間になっている。

  • 仕切りはないものの、空間としてはキッチン&ダイニングとリビングをわけて使える点がお気に入り。

  • キッチンが広いので、お子さまと一緒でも動きやすい。

  • ダイニング横にはパソコンを置いて、ご主人の書斎スペースに。

白をベースにした明るい開放的なリビングは
ナチュラルな色合いや素材感で落ち着きますね

O様ご一家のお住まいの間取りは2LDK。3LDKのプランを変更し、ひと部屋減らしてリビングダイニングを広げています。「子どもが小さいうちはリビングで遊ばせることになるから、広い空間があったほうがいい」と考えたそう。

外に面した二部屋をつなげたため、リビングダイニングはワイドスパンで明るく開放的な空間になりました。仕切りはないものの、空間としてはキッチン&ダイニングとリビングをわけて使える点も気に入っています。

「設計変更でキッチンカウンターを広げたのは大正解でした。通路がちょっと狭くなるかもしれないとちょっと心配しましたが、実際にはとても広々しています。子どもをリビングで遊ばせながらキッチンとダイニングを行き来するときでも、動線が広く取れて動きやすいんですよ」(奥様)

キッチンカウンターの背面には、オプションのカップボードも設置。通路幅も広くて作業はしやすいそうです。

「キッチンペーパーやラップ類はじつは意外と収納しにくいもの。よく使うのですぐに手の届くところに置いておきたいけれど、見えるところに出ていると生活感が出過ぎてしまいます。モリモトさんのオリジナルのホルダーは見えない収納なのに使いやすくて助かっています。ママ友にもものすごく好評なんですよ」(奥様)

ご主人は、部屋全体の色合いや素材感が気に入っていると言います。

「全体に白をベースにした明るい空間で、ドアのはっきりした木目とのコントラストもきれいです。ナチュラルな雰囲気で落ち着きますね」

休日には、広々としたリビングで趣味の楽器の練習をすることもあるそう。ご夫妻は、学生時代からジャズのビッグバンドに所属しており、ご主人はトランペットやフリューゲルホーンを、奥様はバリトンサックスやアルトサックスを、いまも続けているのです。

「ベランダは、モデルルームを参考にしてタイルを敷きました。スペースも余裕があるのでテーブルと椅子を置いて、春や秋にはベランダで休日のブランチを楽しんだり、夜にビールを飲んだりしています。静かだし、風が抜けるし、植栽の緑も美しい。ほんとうに気持ちがいいんですよ」(ご主人)

休みの日には、二子玉川に食事に出かけたり、溝の口に買い物に出かけたり。O様ご一家は、隣接するエリアを上手に採り入れながら、閑静な住宅街の暮らしを満喫していらっしゃいました。お子さまの成長とともに、ますます充実した生活を送られていくことでしょう。

  • 設計変更でキッチンカウンターを広げて、ダイニングに料理も出しやすくなっている。

  • お子さまをリビングで遊ばせながらキッチンからの移動も、動線が広く取れているので動きやすい。

  • 収納しにくいキッチンペーパーやラップ類はオリジナルのホルダーに。使いやすくてママ友にも好評だとか。

  • モデルルームを参考にタイルを敷いたベランダで、休日にはブランチも楽しむ。

  • 全体に白をベースにした明るい空間。ドアの木目や廊下の天然席とのコントラストも美しい。

  • ご夫妻は学生時代からジャズのビッグバンドに所属。今も演奏を続け、休日には練習をすることも。

アールブラン二子多摩川レジデンス

二子玉川を生活圏にして、自然の豊かさと開放感に溢れた多摩川を身近に感じられる地に建設された「アールブラン二子多摩川レジデンス」。二子エリアから新しいライフスタイルを築き上げるデザインを考え、都会的な洗練と自然との安らぎが調和する景観美を実現している。外壁の割石調のタイルなどの質感のある素材が豊かな表情をもたらし、ガラスの透明感を活かしたエントランスは、二層吹き抜けのガラスウォールから差し込む光が風格ある空間を創り出している。総戸数101戸。2013年完成。

ページの先頭に戻る